カート
カテゴリー
  • ホーム
  • おいしい食べごろ、食べ方

▼ マンゴーのおいしい食べごろ、食べ方

食べ方

マンゴーは収穫後、常温で置いておくと熟成します。これを追熟といいます。メロンやバナナなどの果物も追熟型です。一般的にマンゴー(アーウィン種)は、収穫直後が美味しいと思われがちですが、実は収穫から3日〜7日くらい常温で保存し追熟させてから食べたほうが美味しいのです。マンゴーを追熟させる理由は、酸味を抑え味に深みを出し、果肉を柔らかくするためです。ですので、沖縄県産のマンゴーはクール便ではなく、通常便で発送します。(ただし、アップルマンゴーは完熟時期に合わせて収穫する為、追熟し過ぎないようにクール便にて発送しています。)

熟れ具合

マンゴーの追熟の仕方

1.マンゴーの箱を開けてください。直射日光を避け、風通しの良い場所で保存して下さい。

2.最低一日に一回は柔らかくなりすぎてないか、黒い斑点等が出ていないかを調べ下さい。

3.もし黒い斑点がありましたら、それ以上の追熟は避け、斑点箇所を取り除いてからお召し上がり下さい。

追熟中に出来る黒い小さな斑点は、もともとマンゴーの木が保有している炭素が原因です。
バナナでいうシュガースポットの様なものです。
個体差はありますがマンゴーすべてが保有しているものであり、追熟が進むと出てくる場合があります。
収穫した時には殆ど分からないので、到着時に多少の斑点が出来ていることもあります。
炭素自体に害はありませんので、斑点箇所を取り除けば美味しく召し上がることが出来ます。

マンゴーの切り方

切り方は人それぞれお好きな食べ方で良いと思います。しかし、お中元などのギフトで頂いた方は意外とマンゴーの切り方を知らない場合が多いと思われます。ここでは、綺麗に、そして食べやすい切り方をご紹介します。お客様などに喜ばれることでしょう!

切り方