カート
カテゴリー
  • ホーム
  • 玉文【ギョクブン】マンゴー

▼ 玉文マンゴーについて

幻のマンゴー

玉文マンゴー

キーツマンゴー、金煌マンゴーよりもさらに希少なマンゴーがこの玉文マンゴーです。アーウィン種と金煌種を配合させて出来た品種で、日本国内での栽培量が少なく、非常に入手困難なマンゴーです。特徴としては、酸味が少なくアップルマンゴーとほぼ同じくらいです。その一方で糖度が20度〜24度もあり非常に甘いマンゴーです。他のマンゴーと比べて一番繊維質が少ないため、とろけるような舌触りと濃厚な味わいが特徴です。果実の重量は500g〜2kgあり、果皮はきれいな赤色をしています。

収穫予定時期は、7月中旬から9月上旬です。

現在は沖縄、宮崎など一部の農家が栽培しており、果実の出荷量は少なく、幻中の幻と言われています。

※全てのマンゴーを減農薬で育てています。是非、他と比べてみてください。

多種とアップルマンゴーとの大きさ比較

比較

マンゴーの熟成の過程を写真でご紹介

盛り付け

○食べごろ!

追熟型で完熟前に収穫し、食べごろまで待ち、紫っぽい色から紅色に変化してきたら食べごろです。

※マンゴーは冷やしてから、お召し上がりください。

※完熟の一歩手前が一番おいしく頂けます。